エーブック、くりくり日記

エーブックでの古本販売後、世界一周。
その後のひっそり秘密の日記です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
引っ越します
長い間、JUGEMの無料サービスを利用して、ブログを書いてきましたが、半年ほど前から記事下にグーグルアドセンスが出るようになりました。
当初は別に問題ないかなぁと思っていて、そのまま利用していたのですが、この広告を私が意図してリンクを貼っていると思われ、その為、自分の伝えたいことがねじ曲がって、読む方に伝わってしまっていることがあるようです。
この広告を消すためには毎月315円の有料プランに申込む必要があり、まぁ、そのプランにしてもいいのですが、サクラインターネットサービスでレンタルサーバーを借りていて、そこのブログを利用すれば解決する問題なので、思い切って引っ越すことにしました。

http://abookabook.sblo.jp/

これからもよろしくお願いします。

| A-Book | - | 09:51 | comments(29) | trackbacks(0) | pookmark |
出品ファイルを使った削除
昨日、自分用在庫で、売れ残っていたものを300点余り削除しました。
どうやってやろうかと考えて、ヘルプを見たところ、出品ファイルを使った削除というのがあったのでそれで実行。
項目のadd-deleteに、dかXといれればOKとのことです。

| A-Book | アマゾンマケプレ | 10:16 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
FBA返送品
FBAで返送依頼した商品が届きました。
その商品の裏側を見たところ、私がFBA用に貼りつけたラベルとは別に「このラベルはきれいにはがれます」とだけ書かれたラベルが貼られていました。
Amazon側で貼り付けたものと思われます。
どういう意味なんだろう?
私のラベルがはがれることをわざわざ他のラベルで注意してくれているのだろうか、と思いきや、違ってました。
それはDVDだったのでバーコードが3つ。
その内の二つを隠すように私はラベルを貼ったのですが、残った1枚を隠すようにAmazonのラベルは貼ってあったのです。
私はてっきり、パートのオバチャンたちが、届いたFBA商品の我々が貼り付けたバーコードをピッピッこすっているのかと思っていましたが、違うみたいですね。
多分、ベルトコンベアにでも置いて流していけば、自動的にラベルを読み込み、ある程度の仕分けができてしまうのでしょう。
その作業を確実にする為に余計なバーコードは消してしまう必要があるのだと思われます。
人がやっていることならば、まず間違える人はないでしょうから。
あっ、そうでもないか。
新品商品と同じ棚に置いてあるとしたら、何も知らないバイトが新品に注文かあったのにFBAの中古商品を見つけてしまい、パッと目に入ったバーコードをこすっちゃうということ事故を防ぐためかもしれません。
ま、どっちでもいいといえばいいんですが、問題は、このAmazonが貼り付けたラベル、キレイにはがせますと書いてるある割に、実際剥がしてみたところ、糊跡がベッチャリついたところです。
おいおい、これって、お客さん怒らないかいな、と思えちゃいましたよ。
それがイヤだったら、バーコード全部消してけって話ですね。
| A-Book | - | 07:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Amazon無料配送キャンペーンもうすぐ終了
Amazon無料配送キャンペーンは3月31日までです。
これがあったおかげで、FBA商品も対象になり、安いものでも非FBA商品よりも340円の実質マイナスがある為、売れやすかったわけですが、今後どうなるのでしょうか。
元に戻るとしたら、1500円以上(同時注文の合計でも可)ですね。

私が勝手に思っているのは3月末近くになったらまたキャンペーンを延長。
結局、当分の間、無料配送キャンペーンをやり続けるんじゃないかな、というもの。
今までも延長した上に拡大してきたわけですしね。

それを信じて、安いものでもガンガン送っちゃっていますが、もし無料配送キャンペーンが終わったとしたら、売れないものもいっぱい出てくるでしょうから、一気に返送、廃棄の処理をしないといけないかもしれません。
そして、その時には返送、廃棄の手数料が凄くかかるようになったりして。
ちょっとした賭けですね。

| A-Book | アマゾンマケプレ | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
げばらテスター
先日、通常のげばらで強引に価格改定をしたことを書きましたが、考えたら、FBA対応のげばらのテスターになって、それを行えば良かったんですね。
ということで、早速、昨日、テスターになって価格改定をしてみました。
そりゃあ、もう、この方が楽ちん、楽ちん。
あっと言う間にできて、ファイルをアップロードして終わりです。
やはり、価格改定するかしないかで売れ行きはかなり違いますね。
私の感覚では2倍売れの、1.5倍の売上げという感じです。
保管料やその後のことを考えたら、早く売れてくれるに超したことはないですし、これからはマメに価格改定をしようと思います。
| A-Book | アマゾンマケプレ | 07:54 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ちょっと驚きました
昨日は、ある大手サイトの講習会に行ってきました。
朝10時30分にはじまり、13時30分まで。
この時間帯だと昼飯はどうなるのかなぁ。もしかして出してくれたりして・・・なんて思っていたら、案の定、何もなし。
12〜13時はお昼ご飯の時間という常識は今はないのかな。
それが一番驚きました。


確定申告大詰めの季節ですね。
税務署の方が突然訪ねてこられたのは3年半前。
今となっては素敵な想い出です。
たくさん売って、ずさんな申告をしていたから、普通ではあり得ないあんな素敵な出会いがあったんですね。
さぁ、新たな素敵な出会いに、頑張ろうっと!
| A-Book | - | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マケプレ分析2
 

在庫数 売れ数
1〜30  16% 60%
31〜60  30% 8%
61〜90  6% 7%
91〜  47% 25%


ご要望もありましたので、昨日のデータに在庫数を加えてみました。
ただ、このデータの取り方は不備があって、売れ数は売れた時点での日数、在庫数は現時点からの計算をしていますので、ある日凄くいい仕入れができ、大量に出品したものが、在庫数では90〜に入り、売れ数では60〜90に入ってしまっていることがあるかと思います。
それを踏まえても、91日以上たったものでも意外と売れているんだなぁと思えます。
しかし、一年後、二年後に1万円で仕入れたものが2万円で売れたからと手放しでは喜べないですよね。
それが売れるまでに在庫保管料が掛かっているわけなんで、FBAで、毎月その商品のために20円必要だとしたら、24ヶ月で480円必要。
それだけならば十分利益が出ると考えがちですが、問題はその一点だけの在庫を抱えて、一点売れたというわけではなく、その何倍、何十倍もの在庫を持って、はじめて売れる一点だということです。
仮に同様の商品を10点抱えていたとしたら、4800円が必要で、この売上げでその保管料を負担しなければいけないということになります。
FBAじゃなく、自宅だから良いというご意見もあるでしょうが、自宅でも同様の保管料、たいていの場合はそれ以上の保管料が本来掛っているはずなので、やはり、どっちにしろ、ある程度のところで整理し、処分するということをした方が良いかと思われます。
| A-Book | アマゾンマケプレ | 05:05 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
FBA価格改定
昨日、記事に書いたことを受け、FBA商品も早めに売っていこうということで、価格改定を実行。
といっても、対応の価格改定ソフトは持っていません。1500点以上を手動でやるのも無理。
ということで、少々強引な方法を試してみました。

まずはFBA在庫の画面から、ファイルをダウンロード。
そこから、項目を抜き出し、普通の出品一覧の形式にコピペ。
それを価格改定ツールのげばらで読み込み。
設定を最安値から340円プラスにするとして、ソフトを稼働させ、目で見て明らかに修正が必要なのは手で直し、できたファイルをアップロード。
これを何回か繰り返し、それでも売れない古いのは処分しようかなと考えています。


| A-Book | アマゾンマケプレ | 00:26 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
はじめてのAmazonフルフィルメント(FBA) その9
はじめてFBA商品の返送の依頼をしてみました。
これはFBA在庫画面から、該当する商品のチェックボックスにチェックを入れ、「返送/廃棄依頼を新規作成する」で行うことができます。
最初に担当者に聞いたときはまるで返送に関しては全て無料というようなことを聞いた気がするのですが、やはり違いました。

出荷概要

配送方法: 通常配送

発送の見積もり重量: 2.335 キログラム

見積もり料金

商品1個につき梱包手数料が請求されますが、返送または廃棄が発生したことにより、現在重量手数料は課金されていません。
また、通常は返送または廃棄の登録後45日以内に手数料の請求が発生し、金額は「その他の調整」に計上されます。
現在は、返送または廃棄時に手数料はいただいておりませんが将来的には課金させていただく予定です。
出品者様のアカウントへ請求が発生する前に、この件に関する通知をお送りいたします。
返送または廃棄時の手数料の課金開始時期につきましては、別途セラーセントラルにてお知らせいたします。

以上のメッセージが表示されました。
何かわかりにくい文章ですね。
一番最初に梱包手数料が請求され、重量手数料は今はいらないと書いてあります。
しかし、下には現在、手数料はいただいておりません、と書いてあります。
下の手数料は重量手数料のことなのか、それとも新たに返送手数料なるものが将来発生するということなんでしょうか。

とりあえず、今現在、1商品を返送してもらうたびに60円の梱包手数料が必要、それ以外の送料などは不要。将来的には重量手数料、その他の手数料を取る可能性があるぞと考えたらいいんでしょうか。
何でもかんでも送っていたので、見直さなくてはいけません。
保管料も月に1万円を超えてきました。
FBA対応の価格改定ソフトが充実してきたら、早く売り切りたいという人が増えるでしょうから、価格競争は激化の予感です。

返品作業とともに保管料が高そうな商品を見ていたのですが、絶対にそんな大きさじゃないというサイズの商品がいくつもありますね。
測り間違いなのか、入力ミスなのか、はたまた故意なのか。
ペラペラのDVD付の雑誌がDVDボックスよりも大きいサイズ3,059.04立法センチメートルになっていました。これだと月に24円ぐらいの保管料ですよね、多分。
そんなデカイかぁと商品ページのサイズのところを見てみたら、
商品の寸法: 29.4 x 20.8 x 5 cm
となっていました。
厚みが5センチで登録されているじゃないですか?!
多分、0.5センチの誤り。
アマゾンにクレームをつけたら測り直して訂正してくれるらしいですが、そんなこといちいちしてられません。とりあえず返送です。

戦略練り直すとともに、FBA商品の価格改定をちゃんとして、それでも売れないのは返品、廃棄をマメにしていく必要がありそうです。

| A-Book | アマゾンマケプレ | 08:00 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
ヤフオク出品ツール完成
先日から書いている自作のツールで、今週約330点の出品をしました。
多少の手直しは必要ですが、かなり順調に動作。
問題はカテゴリーの選択ですが、それもちょっと工夫をしたら、以前のような快適さを取り戻すことができました。
カテゴリーを選択し、商品タイトル、説明、固定文が入り、今回の画像をアップして確認、出品まで約20秒。
クリックがストレスとなるので、クリックの回数はなるべく減らしたい。
ということで、カテゴリーを選択する1回のみですむようにしました。
その分、写真の確認などに集中できるというもので、間違いも減りそうです。
何より、疲れないのがいいですね。
3時間ぐらい続けてやってられましたし、テレビ見ながらでもできます。

こういうツール、作っている最中は数独でも解いているようなおもしろさがあるし、ラジコンをカスタマイズしているようなワクワク感もあります。
ここをこうしたら、もっと快適になるんじゃないかって。
で、完成したらかなりの武器になるというのに、何ででしょうか、1年半も着手できませんでした。

沢山商品を買ってしまい必要に迫られたのか、はたまた先日のオフ会などで新しい仲間が増え、刺激を受けたからでしょうか。
気持ちが前向きになっているお陰です。
こうなるとまたおもしろいことになっていくはずです。

| A-Book | ヤフオク | 01:19 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ PROFILE